※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

欧州特許庁・ドイツの実施可能要件・サポート要件・明確性

2011/05/30中央知財研・備忘録

ドイツでは、実施可能要件は、サポート要件、明確性要件は、全て拒絶理由だが、実施可能要件しか異議理由・無効理由ではない。

EPOでも、実施可能要件は、サポート要件、明確性要件は、全て拒絶理由だが、実施可能要件しか異議理由ではない。但し、EPOでは異議申立中に訂正をする場合には、訂正後の発明がEPCの要件を満たすことが必要なので(EPC101(3))、その場合には、付与後ではあるが、訂正要件としてサポート要件、明確性要件が問題となりえる。

←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

国内優先権主張出願と分割出願とで留意すべき新規性喪失の例外の手続きの違いは何か?

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

条・項・号を英語でいうと・・・