※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

いずれか早い(遅い) A or B, whichever comes first (later)

特許実務でよく使う表現で、「A又はBのいずれか早い方」、「A又はBのいずれか遅い方」という表現があります。
例えば、「医薬品の場合の「特許発明の実施をすることができなかった期間」は、臨床試験を開始した日、又は特許権の設定登録の日のうちのいずれか遅い方の日から、承認が申請者に到達した日、すなわち申請者が現実にこれを了知し又は了知し得べき状態におかれた日の前日までの期間である。」

A or B, whichever comes first
A or B, whichever comes later

と訳するのがお決まりの表現です。

この応用編としては、以下があります。

違う動詞として、
, whichever occurs first
でもいいです。

違う動詞として、be動詞にして
, whichever is later
でもいいです。

また、受け身でも当然よくて、
, whichever is filed first
でもいいです。

また、whicheverを形容詞的に用いて、
, whichever event occurs first
でもいいです。

時間の前後だけではなくて、
, whichever is less
, whichever is shorter
, whichever is greater
, whichever is more favorable
などでもよいわけです。




お読みになってくださった方のお役に立ちますようにこの記事を書きました。

↓お役に立ったという方はクリックを!(励みになります!)
(2017年4月1日からお試し中です)
↑特に役には立たなかったけど努力は認めるという方もクリックを!!(励みになります!)






←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか