※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

ファイザーの後発品

今日の日経新聞によると、ファイザーの日本法人が、大日本住友製薬の感染症治療薬の後発品(「メロペネロ水和物」)を発売するとのこと。また、年内に20製品、2015年までに100製品をローンチするとのこと。

ファイザーが後発品を出すことは既に発表されていたので、驚きでもなんでもないし、先発品メーカーのジェネリックの販売は世界的な傾向でもある。

さて、ファイザーに限らず、このような先発品メーカーによる後発品の販売により想定されるのは、先発メーカー同士の係争が増加する可能性、とりわけ、先発品メーカーは、後発品を出す時のFTOのレビューのノウハウが十分ではない場合もあり、また、他の後発品メーカーとのつながりも希薄なことも多いので、後発品業界の横のネットワークが得られにくい。少なくともしばらく慣れが必要になるだろう。

ただ、先発品メーカーに対する信頼は厚いだろうし、MRの規模感も、後発品メーカーのそれとは圧倒的に差がある。したがって、長い目で見れば(それほど長い目でみなくても)、先発品メーカーは、ドミナントな、後発品販売のプレーヤーになり得るだろうし、そうなると、多くの小規模な後発品メーカーの収益を決定的に、圧迫し、一部の小規模な後発品メーカーは単独では生き残れず、市場から退場を余儀なくされるか、再編されるであろう。

また、たとえば、国内では中規模または大規模な後発品メーカーであっても、先発品メーカーや海外の大手後発品メーカーに、時間を買うために買収されることも、今後も続くであろう。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

国内優先権主張出願と分割出願とで留意すべき新規性喪失の例外の手続きの違いは何か?

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか