※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

医薬品企業法務研究会



2011年12月21日に医薬品企業法務研究会において、講演をさせていただきます。

ようやく講師からのコメントを提出しました。資料作りに励みます。

〈講師からのコメント〉


製薬企業の事業戦略において、特許は極めて重要な戦略ツールです。本講座においては、特許の基礎的な知識の整理から、それを前提とした上で、製薬企業における特許を巡る攻防に至るまで、概説致します。本講座を受講することで、製薬企業の事業戦略において幹となる特許の知識と知恵が備わるように努めます。



(2011年11月29日追記)

講演内容がほぼ決まりました(暫定)。目次は以下の感じです。。。

第一部:特許権概論
第二部:先発品と後発品との競合
第三部:存続期間延長
第四部:PMS期間と薬価収載
第五部:特許のFTO
第六部:特許権侵害訴訟の構造
第七部:職務発明制度
第八部:通常実施権の対抗制度の法改正
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか