※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

特許事務所の成功とは?


特許事務所の成功とは何かを定義するのは難しいし、また、各特許事務所で異なるのだろうけど、僕らなりの特許事務所の成功を追及していきたいと思う。

僕らは、製薬・バイオ・化学分野のお客様にもっとも信頼され、価値ある特許事務所と認識される事務所でありたいなと思う。そういうミッションを1つ意識している。

こんだけ優秀なメンバーが集まって、ひたむきに一生懸命頑張っているので、これで成功しないはずがないと確信する。。。これで成功しなければ、よほど監督が悪いことになるのだろう。

頭がよいだけの優秀な人は脆弱だと思う(そういうタイプの方には用がない。)。困難に直面しても、ひたむきに一生懸命頑張れる人こそが秀逸な結果を出せると思う。。。それが本当の優秀(エクセレンス)だと思う。そして、困難に果敢に挑戦し、乗り越えていく度に、成長する。。。しんどいが、それしか、成長する方法は無いと思う。。。そういう僕らでありたいと思う。

この間、あるコンサルティング会社が、常に試練を与えてくれるお客様のおかげで、徹底的に考え抜き、やり抜くことができ、飛躍的に成長できたと言っていた。。。正鵠を得ていると思う。。。


事務所としては、1年1年順調に成長しているともいえそうだけど、もっともっと、成長できるはず。もちろん、僕らにとっての成長とは、biggestではなく、fittestだから、ミッションにこだわった上での成長でなければならず、そういう成長でなければ、成功とはいえない。。。






←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決

特許査定が来たけれど、特許料を納付しなければどうなるか