※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

背水の陣(といえる謙虚さ)



今日(2012年10月27日)の孫正義氏のfacebookでのコメント。。。

-引用開始-

背水の陣を敷く。
何処にも逃げられない。
その様に己を追い込む事で何倍もの知恵や力が出る事がある。

-引用終了-


きっと、スプリント・ネクステルの買収のことでしょう。連結で、営業利益が7期連続の増益で、昨年度は6700億円超の営業利益を出したソフトバンクが、背水の陣を敷いて挑戦するとの発想に立つところが素晴らしい。。。

僕なりにですが、プロとして仕事をするには、どんな仕事であれ、自分を追い込む事はとても重要な要素だと理解します。そうすることで、何倍の知恵が出ることにも激しく同意します。


困難な課題に直面したとき、それができない理由を見つけて説明することで、「仕事」が済んだ気になってはならず、その困難に勇猛に挑戦し、いかにすれば克服できるかに知恵を絞るのがプロなのでしょう。しかし、頭では理解できていても、これを実践するのは、なかなか難しいことでもあります。。。

そこで、どこまで知恵を絞りつくせるかは、結局、どこまで、自分を追い込んでいるのか、背水の陣を敷いているのか、が大事なんでしょう。「虎に追いかけられた兎が足をくじくと思うか」という有名な話もありますが、そのコロラリーともいえそうです。

それなりに頑張っているつもりですが、まだまだ、自分ではできると思う(思いたい)ので、もっともっと、自分を追い込んでみたいと思います。。。でも、健康にも留意しつつ。。。










←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決