※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

新しい仕組み


今週の火曜日から新しい仕組みが導入されました。

より効率的に、より的確に、より安全に、日々発生する業務をこなすことができるようになるための仕組みです。

今回の仕組みの設計には、日常業務をこなしつつも、かなりの労力と知力と忍耐力を求められ、また、いろんなアイデアを出し合い、多くの議論も重ねたため、携わったメンバーはかなり、苦労したのではないかと思います。。。私も疲れました。。。いわゆる産みの苦しみですね。。。

これで、さらに、諸相における色々な意味でのパフォーマンスが向上できると思われます。。。主には内部フローの修正ですが、我々にとってもお客様にとっても、さらによりよい状態になると思います。。。今後にとても期待です。。。

新しい仕組みを設計して、リリースして、実施して、成果を見届けて、フィードバック修正していくのは、なかなか骨の折れることです。そして、事業が拡大すればするほど、また、忙しければ忙しいほど、そういうことに対する動きが遅くなりがちです。

面白いのは、今まで我々を完璧に支えていた仕組みが、時間の経過とともに、そして、業務の発展とともに、十分な機能を果たさないものとなってしまうことです。ここに変化する必要があるわけです。

我々は変化を厭わず、進化を求め、挑戦し続けなければいけないのだとあらためて思います。。。


←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決