※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

2013年第1ラウンドの終了


今週も何とか終わりました。。。仕事でとても良いことがありました!

良いことは、周りの人のおかげで、悪いことは、自分のせいだと思うようにしていますが。。。 

それでも、良いことは良いことで、みんなで努力していたことなので、嬉しいことでして、金曜日は、残業している仲間を誘って、プチ飲みにいきました。。。 

なんと突然電話したのに、六本木のうしお(ふわふわお好み焼き)の予約がとれました。。。とことんついてました。。。 

といった感じで、あっという間に年が明け、すでに今年の第1ラウンドの1月の戦いを終えました。まずまずだったかなと思います。。。

年末年始に大きな案件の期限が重なったり、着手が始まったりで、年賀状も出せず、返すこともできず、ようやく今週末にいったんエンジンをOFFにした感じです。。。

とはいえ、来週から2月末まで、また、重いものをいくつかこなさなければならず、水泳選手の息継ぎのようなあっという間の休息ですが。。。 

さてさて、プチ飲みのせいか、少しだらだらしたせいか、風邪でもひいたのか、体調がいまいちですが、来週から、また、切り替えて第2ラウンドを頑張りたいと思います。。。 

今年こそは頑張りますので、本年もよろしくお願いします(って、毎年言っているかも、でも、今年こそは。。。)。。。 

今年の目標は例年とちょっと違うのは、健康に留意すること、というのをいれたことです。。。やはり、二十代は二十代の、三十代は三十代の、四十代は四十代の、五十代は五十代の、というように、戦い方は変わるべきでしょうね。健康に留意するように、アドバイスをくれた方々に感謝感謝です。。。

 というわけで、生きてますのでご安心を。。。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決