※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

日本弁理士会義務研修の講師の件


日本弁理士会義務研修の講師をすることを打診されました。 

実は数年前にもやらせてもらいましたが、今回は、医薬・化学・バイオ野明細書のドラフティングについての、講義をしてほしい、とのことでした。 ご指名いただき、とてもありがたく思いますし、私にお役に立てることがあれば、できる限りの協力はしたいとも思います。後は、事務所の業務等との兼ね合いです。

 運営サイドの方からの説明のメールでは、名指しで、私の講義を希望してくださった方がいらっしゃるそうです。こちらも、ありがたいことです。 

ただ、明細書のドラフティングは、僕自身、いつもいつでも本気で悩みながらやっていることなので、15年にわたり、誰よりも悩んできた自信(と、引き出し)はありますが、まだまだ、昨日よりは今日という具合に、進歩していきたいと思っている、そんな段階です。 

お役に立てるかどうか、見極めたいと思います!
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決