※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

富山第一対星稜(高校サッカー):あきらめない!カエルもあきらめない!


高校サッカーは、どうしても気になります。とくに今年は、富山第一(富山代表)と星稜(石川代表)という隣接する県での決勝戦。。。どちらも、初の決勝進出(だったはず)。

後半の終了3分前の時点で、2対0の星稜リード。。。

しかし、そこから、富山第一は、1点いれて、さらに、ロスタイムで、1点をいれて、延長戦にもつれ込み、延長戦で、さらに1点いれて、逆転優勝。。。両チームとも素晴らしい試合をしていました。。。

客観的にみれば、あるいは、統計的にみれば、終了3分前だと、極めて逆転は困難なわけです。。。でも、富山第一は、ぎりぎりの崖っぷちのところまで追い詰められても、決してあきらめなかった。。。とても大事なことだと思います。。。

でも、もっと大事なことは、当然ながら、後半の終了3分前の3分から頑張ったのか、というのではなく、最初の1分から、ずっとずっと一生懸命戦い抜いたからこそ、この結果につながったということだと思います。。。

僕らもそれくらい真剣に、最初から最後までベストを尽くして、仕事に取り組んでいく所存です。。



ついでにどんなにピンチでも決してあきらめなかったカエルの実話。。。





←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決