※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

達成志向のチーム


先日、他の事務所の大先輩と話をしていたときに面白い話がありました。。。

少しチャレンジングな状況が生じたとき、「皆で力を合わせて何とか達成しよう!」という思考回路の人と、真逆の志向回路の人と二つのタイプの人がいるとのこと。。。

なんとなくわかります。。。それは人間の感情なので、どちらが正しいとかということではないと思います。。。

ただ、やはり、前者のタイプが評価され尊敬され、後者のタイプがそうならないのは、世界中のどこのチームでも同じとのことです。。。まったく同感です。。

前者のタイプは、周囲のやる気をも引き出すので、ますますチームに貢献するし、一緒に働く仲間としても実に楽しいし、気持ちがいい。。。後者のタイプはいわずもがなですね。

このような観点で考えたとき、僕らのチームには、現在、右を向いても、左を向いても、前者のタイプしかいないので、これはつくづく素晴らしいことで、幸せなことなんだなぁと思います。。。各々が個性的で、ムードメーカーが盛り上げてくれて、仕事にコミットしてて、結果も残している。。。

大げさにいえば、「朝に道を聞かば・・・」と思えるくらい、毎日が仕事場に行くのが楽しい。。。

明日もいいことがありそうな、しかし、仕事は大変そうな、そんな予感です。。。


←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決