※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

連休の過ごし方


去年の連休はどこか近場に出かけた気がしますが、今年の連休は、どこにもいかず、基本的には、半分はお休みを頂きつつ、半分は仕事をして過ごしています。。。

仕事は、お客様からの比較的に急ぎの依頼を受けたのと、事務所の管理業務やその他の現場の作業が諸々あったので、こちらに注力することにしました。。。少しは事務所に貢献できていればいいなと思います。

事務所が比較的に静かだったので、少し仕事がはかどった気がします。。。いろいろ考えるべき事も進みました。。。

新メンバーの方からも、「連休を有意義に使って特許制度に対する理解を少しでも深められるように頑張りたい。」、「勉強すればするだけ面白くなってきています。」、「事務所のみなさまに少しでも貢献できるよう、精進したく存じます。」とのメールを頂きました。どの段階にあるメンバーであれ、こういう真摯な努力の姿勢が本人のみならず、全員によい影響を与え、ひいては、事務所全体の発展を支える力になるのだと思います。同じように、私も、「連休を有意義に使って特許制度に対する理解を少しでも深められるように頑張りたい」、「勉強すればするだけ面白くなってきています。」、「事務所のみなさまに少しでも貢献できるよう、精進したく存じます。」と思いました。その結果、勉強と称して2冊ほど、本を読みました。。。

お休みとしては、デザートを作ったり、エビ水槽のポンプ部分を改良したり、大掃除をしたり、ルンバを修理したり、発明のアイデアを考えたり、

さてさて、連休明けも忙しそうです。。。頑張ります!
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決