※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

謝る勇気。。。


レーダー判事が、先週の金曜日付で、CAFCの長官職を退いたニュースが世界中に流れました。これからは、CAFCの一判事として、職務にあたられるそうです。CAFCの長官職といえば、たしか大統領によりappointされるpositionです。

レーダー判事は、判決において常に、不偏(公平)を貫いていたけれども、「不偏(公平)でなければならないという義務」のみならず、「不偏(公平)に見えなければならないという義務」があり、この点において、裁判官としての倫理的な義務に背いてしまったと、振り返ってみれば認識するに至った、として、CAFCの残りの判事全員に対し、謝罪のレターを書かれまいた。

誰しも人間は間違いを犯し得るということ、そして、それ以上に、心から謝罪をすることの重要さを学びます。このことにより、なお一層、レーダー判事は、世界中で尊敬される人間であり続けると思います。

←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決