※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

冷静な現状分析の必要性



ワールドカップの準決勝で、ホームで1-7で歴史的大敗を喫したブラジル。。。

プロ野球の野村監督も「勝ちに不思議の価値あり、負けに不思議の負けなし」といっていますが、名言かと思います。

敗因は色々あるのだろうけど、やはり、そのような結果に至った原因を、「当事者」は冷静に分析しないといけないでしょう。ここまでの大敗に、単に「頑張りました。でも負けた。運が悪かっただけ。」、では、「当事者」としては、今後に繋がらないのだろうと思います。。。

(もっとも、一部のサッカー「評論家」があれこれ分析するのには閉口するときもあります。ここは、当事者と評論家の違いでしょう。)。

さて、「評論家」はともかくとして、「当事者」としては、冷静な現状分析が必要だとしても、「当事者」はなかなか「冷静に」現状分析をすることが困難だったりもします。なぜなら、ときに、自己批判という辛い作業を伴うからです。

しかし、この点、ネイマールが、インタビューで、はっきりと、現状分析をしています。これには衝撃を受けました。。。

 「(欧州では)すべての練習が真剣に行われている。ブラジルは違うんだ。より練習をしているけど、少しだらけているときもある。ブラジル人はそうなんだ」

プロ中のプロのネイマールが、世界的な強豪チームであるブラジルについて、練習でだらけていることがあり、その差が、欧州との差になっていると分析しています。彼が自分たちのサッカーを本気で見直したら、そう思うに至ったということなんでしょう。もちろん、負けるためにだらけている選手なんて一人もいない、だけども、それでもなお、今後進化するためには、そこを認めないといけない、ということなんでしょう。

我々も、お客様の案件を預かるプロとして、自分たちの仕事に、結果的にみて、甘えや隙がないか、今一度、ひとりひとりが、冷静な現状分析をしなければいけないと思う。。。プロ中のプロのネイマールでさえ、そうしたように。。。

リラックスという美名のもとに、(一生懸命やっていたつもりでも、)結果的にみて、注意力・集中力が欠けていたといわざるを得ない、しょぼい仕事をしていないか、しばらく自問を繰り返したいと思います。

頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
電通鬼十則のこの言葉を再度、心に刻もうと思います。



←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決