※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

IPDLと分割出願の調査


IPDLでは分割出願情報が一覧表示されています。しかし、仕様上の問題点というか、くせがありますので要注意です。この分割出願情報はその出願が関係する分割出願の情報をすべては網羅していません。

分割出願を調べるときに、ある出願(A)をみたときに、その出願(A)を原出願として出願された分割出願(B)や、さらに、この出願(B)を原出願として出願された分割出願(C)は、IPDLでは当該出願(A)の分割出願情報として表示されます。

すなわち、標語的にいえば、その出願の下流は、分割出願情報で確認できます。しかしながら、その出願の上流については、留意が必要です。

すなわち、当該出願(A)自身が分割出願の場合、当該出願(A)の親出願(X)を原出願として出願された分割出願(Y)があったとしても当該出願(A)の分割出願情報からは見ることができません。この場合には、IPDLでは当該親出願(X)の分割出願情報をさらに調査しなければいけません。当該親出願(X)自身が分割出願の場合、さらに、その親出願についても同様に調査しなければいけません。

こういう些細なことが実は重大な問題につながることもあります(39条対応やFTO対応など。)。

というわけで、お客様が単に、ある出願についての分割出願がないか見てください、とだけリクエストした場合でも、臨機応変に、お客様のリクエストの背後の意図をおもんばかりながら(必要な確認をとりながら)、対応する必要がありますね!そのためにも、このIPDLのくせを先ずはなにより理解していなければなりません。そうしないと、アクションが取れませんので。。。

以上は、IPDLでの分割出願情報の注意すべきくせ(仕様)の、ほんの一部です。。。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決