※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

弁理士は一生続けられる仕事!?


弁理士の仕事は、一生続けられる仕事という人もいるけど、なんとなくそうは思えない気もする。。。特に、期限管理を徹底するという経営責任の部分を背負うと、歳をとると、しんどくなるのではないか、という気もします。。。また、技術・法律・英語などのフォローなどもしんどくなる気がします。。。

というわけで、なんとなく、法律上無限責任の特許事務所のTOPとしての経営は、私個人としては、どんなに遅くても、60歳が限度、むしろ、50台前半とか、それよりも前でもいいようにも思います(私はTOPにいると老害になるタイプかもしれないから。)。

個人的には、むしろ、翻訳・調査・コンサルティング・マーケティングといった、特許事務所の周辺業務の方が、長く続けられる気がします。。。こちらの方が、無限責任を負わない株式会社でも経営できるので、少し安心な気もしますし。。。いつか、特許事務所のTOPを引退することがあっても、翻訳・調査・コンサルティング・マーケティングであれば、続けられそうです。。。

そういう、いつか、のことを漠然と考えることがある今日この頃です。。。

さて、3時を過ぎましたが仕事はまだまだ続きます。。。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決