※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

医薬・バイオ特許事例研究会の開催


先日、久しぶりに、医薬・バイオ特許事例研究会を行いました。

詳細はこちら

年の瀬で、かつ、ショートノーティスでしたが、十分な人数が集まり、無事に終えました。

私を含め、3人の幹事が、会場の予約から、案内文の作成から、HPの更新から、講師との講義内容についての調整まで、奔走しました。もちろん、忙しい中の完全なボランティアです。

でも、これが何らか、この分野での実務を深めようとしている、弁理士さんの役にたっていれば、良いな、と思います。

私ひとりでは到底できませんが、他の幹事さんや、積極的に参加して下さる方や、楽しみにして下さる方、講師をして下さる方のお陰で、細々とですが、開催ができています。感謝感謝です。

その後の、講師の慰労会を兼ねた懇親会も楽しいおしゃべりでした(今回は、国際交流にもなりました。)。

来年も(来年こそ)、生きてたら頑張ります!(やや空元気ですが。)

とにかく、無事に終わり、ほっとしました。関係者の皆様、ありがとうございました。


←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか