※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

頁・行などを英文で表記する


裁判や審判に関連する書類では、頁・行などが多く記載されますが、これらを英訳するときは表記をある程度統一しておくことが、好ましいといえます。

例えば、

(3頁2行):(page 3, line 2)
(3頁2行~5行):(page 3, line 2 to line 5)
(3頁2行~4頁5行):(page 3, line 2 to page 4, line 5)

みたいな感じです。

特殊なのですと、以下のような「下から●行」というのようなものがあります。

(3頁下から2行~4頁5行):(page 3, line 2 from the bottom to page 4, line 5)
(3頁下から2行~4頁下から5行):(page 3, line 2 from the bottom to page 4, line 5 from the bottom)

以下の様な感じで書類名が入ることもあります。

(答弁書3頁2行~4頁5行):(Written Reply, page 3, line 2)



お役に立てれば幸甚です。



←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決