※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

三重のおばあちゃん


三重のおばあちゃんは、父方の祖母の妹にあたる方でした。

数年前に、父方の祖母が亡くなったときに、お墓を岡山に移すために三重に行き、久しぶりにお会いしました。

三重のおばあちゃんは、少し痴呆が入っていて、お姉ちゃん(私の父方の祖母のこと)に会いたいなぁ、とか、お姉ちゃんが生きてるから、私も長生きせんといけん、みたいなことを言っていました。

とても、祖母が亡くなったから、来たんだー、とはいえず。

そして、「また絶対に必ず会いにくるからね」と約束して別れました。

三重のおばあちゃんは、アタリマエですけど、自分のおばあちゃん(父方の祖母)と似ているので、自分のおばあちゃんの喪失感もあり、とても会いたいなぁ、といつも心の片隅で思っていました。でも多忙もあって、なかなか三重に行くまとまった機会がとれないまま数年が経ちました。

そうしているうち、今年の1月のある日の週末、三重のおじちゃん(三重のおばあちゃんの息子さん)から、おばあちゃんが息を引き取ったとの連絡がありました。ショックでした。次の日の日曜日の夜と月曜日にお通夜とお葬式とがあるとのこと。

私は月曜日に無効審判の口頭審理が入っており、私が主に話すことになっていたので、誰かに代わってもらえる可能性がないか悩みましたが、やはり私が主に話す前提でこちら側の各代理人・クライアント等の間で調整をしてきたので、代わることができるわけもなく。。。

これもプロとして責任のある仕事をしている以上、仕方がないのでしょう。お葬式にもいけず、いろいろ悔やまれます。





←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決