※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

なでしこ敗退


世界ランク4位の日本が誇る女子サッカー「なでしこ」が、リオ五輪のアジア予選で、敗退がほぼ確定的になった、とのニュースが報じられました。

一世を風靡した「なでしこ」のリオ五輪での活躍を楽しみにしていたので、少しショックです。そして、責任感からか、佐々木監督が辞めることになるとの報道まで。


試合後の 大儀見選手のコメントが辛辣と報じられています(こちら)。

ピッチに立つ以前の問題

経験に頼ってしまっている

 「少しでも向上しようという気持ちがないと、現状維持をしているだけでは、結局退化する一方。

常に質の向上を追求していかないと、結局周りに追い越されていってしまう


チーム内の「和」を考えたら、そんなことを言わなくても、ということなのかもしれないけど、そこを敢えて言うのは勇気がいると思う。損得でいえば得しないことも多いだろうし、なかなか言えないことだと思う。でも、やはり危機感は大事なのでしょう。

言っていることは、サッカーだけの話ではなくて、どんな仕事にも当てはまると、誰かがつぶやいていたけど、僕らの業界でも当てはまる気がする。。。

もちろん、日本代表選手と同じだけの努力はなかなかできないので、引き合いに出すのも、おこがましい話ですけど。。。

日本代表選手だと結果を出すために必要な努力は半端ないはず。かたや僕らの業界では、そこまでしなくても、1日1時間でも30分でも15分でも、しかも自分のペースでいいから、コツコツ1年努力してみるだけで、結果につながることも多そうだから。

ピッチに立つ以前の問題

経験に頼ってしまっている

 「少しでも向上しようという気持ちがないと、現状維持をしているだけでは、結局退化する一方。

常に質の向上を追求していかないと、結局周りに追い越されていってしまう

身につまされます。。。

←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決