※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

怒涛の3連休+釣り


 11月3,4,5日は連休でした!とはいっても、事務所全体の残務をこなしたり、自分の残務をこなしたり、しんければなりません。概ね仕事です。

しかし、今週末は、無理やり魚釣りをいれています。若いうちはともかく、そろそろ仕事ばかりではいけないと、無理やり趣味的なものをいれたのです。そして、理由があって船釣りを断っていて、そろそろいいんじゃないと、友人に説得(!?)され1年半振りの船釣りでした。

とはいえ、金曜日の仕事が長引き土曜日の朝の2時まで仕事でした。それから、土曜日は朝4時半時起きの予定で2時間半睡眠で釣りに出かけないといけないはずだったのです。

少しでも体調を整えようと仮眠をとろうとしたところで、念のためにメールを確認したら、2時すぎに米国より緊急にしなければならない仕事が入り、そこから、書面作成が入り、電話会議がいくつか入り、結局、朝4時半まで仕事。なんとか朝4時半に仕事が終わり、そのまま船着き場にいき、仮眠がとれたのは、出航してポイントにつくまでの船の上の1時間だけ。

それでも魚釣りは楽しい。海風は気持ちいいし、誘ってくれた人のアドバイスもあって、魚はよく釣れます!アジを中心に45匹ほど!


その後、土曜日はくたくたで、あまりはかどらず。

日曜日は朝から全速力で自分の仕事をしていました。一緒に釣りにいった方のお宅でアジパーティーにお誘い頂いたので、とても行きたかったからです。とはいえ、結局、日曜日中に終わらず、終わったのは翌朝2時。怠け者の私に一生懸命になれる仕事があるので、不満はないのだけれど、お誘いいただいたアジパに行けなかったのが一番の心残りです。

以上、こういう三連休を過ごしていたことが、いつか思い出になるように記す!
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決