※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

カナダの医薬用途発明


カナダはユニークです。

経験するところによると、医薬用途発明を、治療方法でクレームすると、non-statutory subject matterとして拒絶されます。

ここまでは、欧州特許庁や日本とも、結論としては同じです。その理由が、不特許事由であったり、産業上利用可能性であったりするとしても。。。

では、どのようにクレームを書き直すべきか、ということになりますが、カナダでは、

(1)製造のための使用に向けられたUseクレーム

Use of Compound X for the manufacture of a medicament to treat disease Y

だけではなく、

(2)医薬用途そのものに向けられたUseクレーム

Use of Compound X to treat disease Y

が許されます。

欧州特許庁でも日本でも、この(2)のクレームまで許されません。これは、治療方法と同じ意味と考えられているからです。カナダで、この(2)のクレームまで許されていることまで深く探究していませんが、その発想の違いは、ステップが記載されているかか否がに起因するようです。したがって、単にmethodとuseという形式で区別されるのではなく、実質的に考えなければならず、useではじまっていても、ステップが記載されていれば、methodと同様に扱われることもあります。

カナダの審査基準MOPOP(Manual of Patent Office Practice)の12.06.08には、以下の記載があります。

A use is distinguished from a method in that the latter involves directing the person skilled in the art to take a step or series of steps to arrive at the desired result. In contrast, a use must not require any specific step or steps to be followed. Rather, a use is defined only in terms of the means to be applied, the circumstances of this application, and the result to be achieved. The "how" of implementing a use must be left to the common general knowledge of the person skilled in the art. A claim that purports to be a use claim (e.g. a claim that begins "the use of") but that defines specific steps to be followed is, in effect, a method and must be examined as such.

(・・・中略・・・)

Where the distinction between methods and uses is important is in fields where a method would be non-statutory but a related use would be statutory. This situation relates particularly to the pharmaceutical fields, where a method of treating a patient by some means is non-statutory but the use of a means in the treatment of a patient is statutory. Thus, a claim to "a method of treating a patient having disease Y, comprising administering to said patient drug X" is an excluded method of medical treatment, whereas the claim "the use of drug X to treat disease Y" would be considered statutory.


ちなみに、(1)のクレームは、欧州生まれで、スイス型クレームといわれますが、欧州特許庁では、禁止されました。EURO2000の下では、必要がなくなったから、という理由です。日本の特許庁は、もともと、(それほどの)必要がなかったのに、認めていたのですが、それ故に、なくすことは難しいようです。まあ、それほど、あせって、禁止するほどのものでもないとはおもいますが。。。

カナダでは、その他に、用途限定付きの化合物・組成物のクレームが認められているようです。

ただ、カナダでは、どのクレームフォーマットにするにせよ、治療的なステップをいれると拒絶される可能性が高まるようです。標語的には、「for administration」はいいが、「is administered」はいけません、などといわれることがあるようです。この辺りのさじ加減は、審査官にもよりますので、走りながら考えるしかないところもありますが。。。

こういう細かいところにも気にしながら、実務をするのは、気を使いますが、ちょっとの工夫で、各国でベストな権利化を図ることができるので、面白いといえば、面白いです。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決

特許査定が来たけれど、特許料を納付しなければどうなるか