※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

気乗りしないときこそ一生懸命(義務倫理研修)



先日、日本弁理士会の義務研修(倫理研修)に参加致しました。

行くまでは、えんえんと5時間も続くので、忙しいのに困ったものだ、と思っていました。

しかし、歳を重ねると、こういうときに何をすべきかわかります。こういうときこそ、一生懸命にやるのがいいようです。

講義や演習の隙間の時間を見つけて、日本弁理士会への苦情事例集を全て読破しました。とても勉強になりました。苦情事例集なのですが、全ての「苦情連絡」を事例集にしているらしく、弁理士側に明らかな非がある事例もあれば、困った(変わった)お客様の事例まで、さまざまです。これは、事例そのものではありませんが「トランプの占いによれば、特許がとれないとのこと」なので、なんとかして下さい、みたいなものは、どうしたらよいか、という感じです。ただ、一番の鍵は、お客様の仕事を誠実にすることと、きちんとコミュニケーションをとること、だと思います。そして、事例集のほとんどの事例は、これにより、解決が出来るものだと思いました。

それから、ずっと、一番気になっていたコンフリクトの限界事例の件、とりわけ、弁理士法や関連規定などの解釈・運用について、この問題に長く携わってこられた方に、質問をする機会を得られたのはよかったです。

というわけで、意外と5時間ぶっ続けで、倫理やコンフリクトについて重要な事項を整理することができて、有意義でした。こういう時間は、強制的に与えられないとなかなかとれませんので。
←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決