※投稿の検索は、右上のを、ラベル・リンク集・アーカイブは左上のをクリック
ホーム |  弊所

TOEICの結果(その1:弁理士さん)


先日TOEICを受けられた弁理士さんのスコアが報告されてきました。

900点をはるかに超えて、900点台の半ばでした。予想を上回る結果でした。

最初は英語が苦手そうで、私としては実はその面ではとても心配だった(!?)弁理士さんだったのですが(失礼!)、秀才なな頭脳と持ち前のコツコツ頑張る粘り強さで、かなりのレベルアップを図ってくれました。

実に弊所(ACTi)らしい、空いた時間でコツコツと頑張って、いつの間にか、上達している、そんな感じです。

私としては、OJTを除いては、年に数回、英語は大事だよ、ということを伝えて、今回、試験でも受けてみたら、というだけですから、本当に、手がかからず、どんどん成長していってくれて助かります(あっ、この先生については、ときどき試験前の週末に英語の質問をもらった気がします。。。わかる範囲で、かつ、できる範囲でお答えしただけですが、お役に立っているといいなぁ。)。

このように、チャレンジかな、と思っても、皆、各自が自分で目標を定め、どんどんレベルアップを達成してくれる。ありがたいことです。

本人としても気持ちいいいだろうし、自信にもなるだろうし、クライアントにも安心感を与えるだろうし、周囲の安心感・信頼感も違ってきます。いいことづくめです。

20年前の特許業界は、何とか伝わるレベルの「英語」が何とか「書ける」ことで、許されていたのですが、今はそういう時代ではないようで、進歩をしなければ、そこにとどまるのではなく、下りのエスカレーターのように、追いていかれてしまう、そんな感じもありますね。

ただ、実務能力は試験のスコアとは別物なので、今後も、まだまだレベルアップを図ってもらいたいところです。もっともっと成長することは、私よりも本人の方が確信してらっしゃるようですので、心配していませんが。





←現在のランキングは!?(2017年4月1日~試用中)
コメントフォーム

記事にコメントあればどうぞ(★のみ必須)※返信は確約できません

名前

メール *

メッセージ *

よく読まれた投稿(ベスト10)

・・・・・

代理権・特別の授権・委任状の提出(代理権の証明)についての探求(特許法9条・特許法施行規則4条の3)

同一出願人による出願で注意すべき点(自己衝突、terminal disclaimer、self collision、double patenting)

国際調査機関による発明の名称の決定と国内移行

審判請求書と審査書類情報照会

PCT国際段階における出願人の名義変更はどのように行うのか

マキサカルシトール事件最高裁判決は、とりわけ化学分野での予見可能性を奪い、不相応な保護を与える可能性があるのではないか

オキサリプラチン知財高裁大合議判決